本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers 的法律解釈

じえいたいって?
Military Powers的法律解釈 自衛隊のミリパワ的いろいろ

あくまでもミリパワ的解釈ですので・・・(^^ゞ 

自衛隊法 自衛隊法施行規則  自衛隊法施行令 自衛隊員倫理法 

自衛隊法 昭和29年6月9日 平成22年6月2日

1



 
第1条自衛隊法の目的
  1. この法律は、自衛隊の任務、自衛隊の部隊の組織及び編成、自衛隊の行動及び権限、隊員の身分取扱等を定めることを目的とする。
  • 自衛隊法とはどんなことを取り決めている法なのかということですね。
第2条自衛隊とは
  1. この法律において「自衛隊」とは、防衛大臣、防衛副大臣、防衛大臣政務官、防衛大臣補佐官及び防衛大臣秘書官並びに防衛省の事務次官並びに防衛省の内部部局、防衛大学校、防衛医科大学校、防衛会議、統合幕僚監部、情報本部、技術研究本部、装備施設本部、防衛監察本部、地方防衛局その他の機関(政令で定める合議制の機関並びに防衛省設置法(昭和二十九年法律第百六十四号)第四条第二十四号又は第二十五号に掲げる事務をつかさどる部局及び職で政令で定めるものを除く。)並びに陸上自衛隊、海上自衛隊及び航空自衛隊を含むものとする。
  2. この法律において「陸上自衛隊」とは、陸上幕僚監部並びに統合幕僚長及び陸上幕僚長の監督を受ける部隊及び機関を含むものとする。
  3. この法律において「海上自衛隊」とは、海上幕僚監部並びに統合幕僚長及び海上幕僚長の監督を受ける部隊及び機関を含むものとする。
  4. この法律において「航空自衛隊」とは、航空幕僚監部並びに統合幕僚長及び航空幕僚長の監督を受ける部隊及び機関を含むものとする。
  5. この法律(第九十四条の六第三号を除く。)において「隊員」とは、防衛省の職員で、防衛大臣、防衛副大臣、防衛大臣政務官、防衛大臣補佐官、防衛大臣秘書官、第一項の政令で定める合議制の機関の委員、同項の政令で定める部局に勤務する職員及び同項の政令で定める職にある職員以外のものをいうものとする。
  • 「自衛隊」というと、○○師団、○○駐屯地というイメージですが、基本的には防衛大臣から防衛省職員、防衛施設庁職員など全部「自衛隊」なんですね。早い話、陸・海・空の制服組だけではなく、背広組も自衛隊なのだということです。
  • 背広組も小火器の訓練する?しかし、世間一般には「防衛省」と「自衛隊」の関係をきちんと理解している方ってあまりいないですよね。わかっているようで、よくわかっていない部分だと思います。
第3条自衛隊の任務
  1. 自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする。
  2. 自衛隊は、前項に規定するもののほか、同項の主たる任務の遂行に支障を生じない限度において、かつ、武力による威嚇又は武力の行使に当たらない範囲において、次に掲げる活動であつて、別に法律で定めるところにより自衛隊が実施することとされるものを行うことを任務とする。
    一 我が国周辺の地域における我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態に対応して行う我が国の平和及び安全の確保に資する活動
    二 国際連合を中心とした国際平和のための取組への寄与その他の国際協力の推進を通じて我が国を含む国際社会の平和及び安全の維持に資する活動
  3. 陸上自衛隊は主として陸において、海上自衛隊は主として海において、航空自衛隊は主として空においてそれぞれ行動することを任務とする。
  • まずは、わが国の「平和と独立を守る」ということが最大の任務です。
    国の安全を保つ・・・そのために「直接侵略」と「間接侵略」を「防衛」することが任務の中心です。
  • 場合によっては、公共の「秩序の維持」にも当ります。これは、万が一、警察力が機能しない場合、警察的機能を発揮したり、警察と協力して秩序の維持に努めることを意味すると思われます。
  • 陸上自衛隊は陸上で、海上自衛隊は海上で、航空自衛隊は上空で、それぞれ行動することを任務とします。
  • ところで、「間接侵略」とはどのように解釈すればいいのでしょう?「テロ行為」、「ゲリラ行為」、「暴動」、「諜報活動」、「ネットやコンピュータを通じたサイバーテロ」などのことでしょうか?それとも、離れた場所からピンポイントで精密な攻撃を加えることができる「ミサイル攻撃」のようなことを意味するのでしょうか?現代ではいずれも間接侵略になり得ますね。
  • これからの戦争は、兵員が揚陸して占領活動を繰り返すような、これまでの直接侵略という概念よりも、ミサイルやネットを利用した間接攻撃および侵略行為が重要な戦術となってきているようです。「間接侵略」の概念をもうすこし、はっきりさせて、これに対する防衛や備えをしっかりしなければなりません。ただ、尖閣諸島に対しては揚陸占領という実力行使に出てくる可能性が大きく、楽観視できません。竹島については政府が曖昧な対応をしているうちにいつの間にか実効支配されているのが現状です。領土を乗っ取ろうとする隣国に対しては領土防衛及び領土奪還をシュミレートしておかなくてはなりません。
第4条自衛隊の旗
  1. 内閣総理大臣は、政令で定めるところにより、自衛隊旗又は自衛艦旗を自衛隊の部隊又は自衛艦に交付する。
  2. 前項の自衛隊旗及び自衛艦旗の制式は、政令で定める。
  • 陸上・海上・航空の各自衛隊では、様々な旗があります。駐屯地等に行った際には是非自衛隊旗、連隊長旗、各部隊旗などたくさんの旗をよく見てください。 
第5条表彰
  1. 隊員又は防衛省の防衛大学校、防衛医科大学校、情報本部、技術研究本部、装備施設本部、防衛監察本部、地方防衛局その他の政令で定める機関若しくは自衛隊の部隊若しくは機関で、功績があつたものに対しては防衛大臣又はその委任を受けた者が、特に顕著な功績があつたものに対しては内閣総理大臣が表彰する。
    1. 前項に定めるもののほか、自衛隊の表彰に関し必要な事項は、政令で定める。
  • 特に顕著な功績・・・内閣総理大臣から直接表彰受けるんですね。がんばれば表彰を受ける、それがまた励みにもなります。人間は誉められればうれしいものです。
第6条礼式
  1. 自衛隊の礼式は、防衛省令の定めるところによる。
  • 自衛隊法施行規則第1章に定められています。

2


第7条内閣総理大臣の指揮監督権
  1. 内閣総理大臣は、内閣を代表して自衛隊の最高の指揮監督権を有する。
  • 内閣は、国会に指名された内閣総理大臣と国務大臣で組織された、行政府の上層部の地位にある複数人(閣僚)で構成される合議体で、国の行政権の執行を担当する最高行政機関です。そのため、内閣は国会に対して連帯して責任を負う(議院内閣制)しくみがとられています。
  • 国会とは、国民が選挙した国民の代表者である衆議院議員と参議院議員によって構成された国家の意思を決定する最高機関です。
  • その国会が、内閣総理大臣を指名したのですから、内閣総理大臣が最高の指揮監督権を持つということは、理解しやすいと思います。
  • 内閣総理大臣=自衛隊の最高指揮監督権=軍人ではなく、文民である=文民統制(シビリアンコントロール)
  • 防衛出動等を下令できるのは内閣総理大臣であり、いわゆる軍政、軍令の最高位に位置している。
  • しかし、よく考えみると、最高の指揮監督権を持っている総理大臣が、世界情勢や軍事、自衛隊のことをほとんど理解できない人だったらどうでしょう?もちろんそのような人が総理大臣になるはずがないと信じていますが(笑)
  • 安全保障会議設置法には「防衛出動」「国防に関する重要事項」等は、内閣総理大臣は議会に諮らなければならない事となっているので、単独で決めるわけではなく、会議に諮るので一安心なのだけど・・・。それに、第2条第2項では、「会議は、国防に関する重要事項及び重大緊急事態への対処に関する重要事項につき、必要に応じ、内閣総理大臣に対し、意見を述べることができる。」とされているので、もしも、鈍くさいアホな総理大臣だとしても、周り(安全保障会議のメンツは→総務大臣、外務大臣、財務大臣、経済産業大臣、国土交通大臣、内閣官房長官、国家公安委員会委員長、防衛大臣)が言いたいことを言える(意見を述べることができる)ので、まあ、大丈夫かなとは思えるけど。こういう事から考えても、わが国の内閣総理大臣は、国防についてしっかり考えることのできる人物でなきゃダメだということがわかるでしょ?選挙では、こういう事もちゃんと考えて投票しようね!もちろん私たち一般人も、ふだんから、わが国の「防衛」をしっかり考えておかなくてはならないのだよ。
  • こういう事がわかってくると、特に「日本○○党」「○会○主党」や「あの人たち(笑)」には、絶対に総理大臣(内閣=国政)はさせちゃいけない(まかせられない)ということが理解できますよね?
  • 平成22年版加筆:いやいやー、民○党が政権取ってから、こんな人こんな人が総理大臣になっちゃったからどうしましょう・・・。友愛の海とか友愛ボートとかあり得ない政策を打ち出してしまった。友愛の海など現在のシナの動向を考えたらあり得ないノー天気政策だということすら本気でわからないのだろうか?
  • こんなお人好し外交をしているうちにジャイアン国とスネ夫国に尖閣諸島や沖縄までもが奪われ、魚介類から海洋資源・地下資源に至るまでを根こそぎ奪われてしまいかねないというのに・・・。
  • 友愛ボートなど○ースボートじゃあるまいしサヨクが好きそうな寒気のするネーミングをつけるところも本気で吐き気がする。そんなお花畑総理になる前から、自衛隊は国際援助活動を地道に実施してきている。政治家たちが棚上げし放置してきている様々な法律上の問題点を抱えながらも、自衛隊は地道に実績を積んできているのだ。それにしてももっと自衛隊の命が守られ、国際貢献しやすいように各種法整備を進めなければならないのに政府は何をやっているのか!(怒)
  • こんな売国政党や売国議員に国の舵取りを任せてはいけないと国民は知るべきである!
  • しかし、こんな人と同じ北海道民とは・・・。はなまら恥ずかしいんでないかい!彼がこんなにおバカな人だとは思わなかった。自分の身近な人々も口々に「彼は世間知らずのおぼっちゃまだから、何も分かっていない」と評価していたけど・・・。
  • 北海道民よ目覚めよ!特に○蘭市民はよく考えよ!
第8条防衛大臣の指揮監督権
  1. 防衛大臣は、この法律の定めるところに従い、自衛隊の隊務を統括する。ただし、陸上自衛隊、海上自衛隊又は航空自衛隊の部隊及び機関(以下「部隊等」という。)に対する防衛大臣の指揮監督は、次の各号に掲げる隊務の区分に応じ、当該各号に定める者を通じて行うものとする。
    1. 統合幕僚監部の所掌事務に係る陸上自衛隊、海上自衛隊又は航空自衛隊の隊務 統合幕僚長
    2. 陸上幕僚監部の所掌事務に係る陸上自衛隊の隊務 陸上幕僚長
    3. 海上幕僚監部の所掌事務に係る海上自衛隊の隊務 海上幕僚長
    4. 航空幕僚監部の所掌事務に係る航空自衛隊の隊務 航空幕僚長
  • 防衛大臣は隊務を統括するので、上記の「総理大臣」がちゃんと国際政治・国際社会・国連をはじめとする国際関係などを歴史的な背景から、きちんと理解している人がやらなければ、防衛大臣は苦しい立場におかれます。
  • 総理大臣に訳のわからないこと(すっとんきょうなこと)を言われて自衛隊にへんてこな指示を出されては困るのですよ。本当にマジに怖いですよ。
  • しかし、現政権下の防衛大臣は第44普通科連隊長の「同盟というものは、外交や政治的な美辞麗句で維持されるものではなく、ましてや『信頼してくれ』などということばだけで維持されるものではない」という訓示に対して更迭処分をしました。
  • 現防衛大臣○中先生!おわかりですか?(平成24年度現在)
第9条幕僚長の職務
  1. 統合幕僚長、陸上幕僚長、海上幕僚長又は航空幕僚長(以下「幕僚長」という。)は、防衛大臣の指揮監督を受け、それぞれ前条各号に掲げる隊務及び統合幕僚監部、陸上自衛隊、海上自衛隊又は航空自衛隊の隊員の服務を監督する。
  2. 幕僚長は、それぞれ前条各号に掲げる隊務に関し最高の専門的助言者として防衛大臣を補佐する。
  3. 幕僚長は、それぞれ、前条各号に掲げる隊務に関し、部隊等に対する防衛大臣の命令を執行する。
第9条の2統合幕僚長とその他の幕僚長との関係
  1. 統合幕僚長は、前条に規定する職務を行うに当たり、部隊等の運用の円滑化を図る観点から、陸上幕僚長、海上幕僚長又は航空幕僚長に対し、それぞれ第八条第二号から第四号までに掲げる隊務に関し必要な措置をとらせることができる。
  • 防衛大臣の指揮監督を受けて、隊務&隊員の服務を監督するので、上記の「総理大臣」や「内閣官房長官」「防衛大臣」がちゃんと軍事や自衛隊を理解している人でなければ、各幕僚長は辛い立場になりますね。
  • 実際のところ、各自衛隊の制服組のTOPですから、各自衛隊すべての責任があると考えられます。
  • たとえば、もしも内閣総理大臣や官房長官、防衛大臣が全く軍事に疎い人だった場合、各幕僚長は自衛隊の専門的なことをどのように説明するのかとても大切になります。
  • *------- ミ リ パ ワ 劇 場 ス タ ー ト --------------*
    某総理大臣:「あの車両は何かね?」
    陸上幕僚長:「はい、あの車両は戦車でございます。1990年に制式化された陸上自衛隊第3世代のMBTであります。1両約9億1000万円でありまして・・・もっと安く配備したいところでありますが(^^;
    この戦車は複合装甲や120mm滑空砲が装備され、FCS(射撃統制装置)や自動装填装置も採用されており世界一の戦車でございます。射撃時の目標の自動追尾、弾道計算の射撃統制システムや照準制御システムなどにより、主砲が目標を自動追尾して正確な射撃が可能となっております・・・」
    某総理大臣:「???」
    某総理大臣:「MBTってナニ?滑空砲ってナニ?FCSってナニ?複合装甲ってナニ?自動追尾ってナニ?弾に当たったらどうなるの?キャタピラって言わないの?上についている機関銃は何に使うの?弾はどうやって込めるの?運転は楽なの?・・・」
    陸上幕僚長:「ですから、・・・・(省略)
    某総理大臣:「???」
    陸上幕僚長:「???」
    某総理大臣:「何でこんなに高いの?」
    陸上幕僚長:「(^^;(^^;(^^;→(`へ´)」
    某総理大臣:「そもそも戦車って日本に必要なの?」
    陸上幕僚長:「(-_-#)」
    *------- ミ リ パ ワ 劇 場 E N D ---------------*
  • 現防衛大臣○中先生!おわかりですか?(平成24年度現在)

3



 第1節 陸上自衛隊の部隊の組織及び編成
第10条編成
  1. 陸上自衛隊の部隊は、方面隊、中央即応集団、中央即応集団その他の防衛大臣直轄部隊とする。
  2. 方面隊は、方面総監部及び師団、旅団その他の直轄部隊から成る。ただし、方面総監部及び師団以外の部隊の一部を編成に加えないことができる。
  3. 師団は、師団司令部及び連隊その他の直轄部隊から成る。
  4. 旅団は、旅団司令部及び連隊その他の直轄部隊から成る。
  5. 中央即応集団は、中央即応集団司令部及び団、連隊その他の直轄部隊から成る。
  • 陸上自衛隊の部隊編成の詳しい内容は、自衛隊法施行令「第2章部隊」に詳しく書かれています。
  • 新しく中央即応集団の記載があります。
第11条方面総監
  1. 方面隊の長は、方面総監とする。
  2. 方面総監は、防衛大臣の指揮監督を受け、方面隊の隊務を統括する。
  • 方面隊は陸上自衛隊の部隊としては最大単位です。方面総監をTOPに師団、旅団を隷下に持ちます。
  • 現在5つの方面隊があります。
  • 北部方面隊 北部方面総監部(北海道札幌市) 北海道
  • 東北方面隊 東北方面総監部(宮城県仙台市) 東北地方
  • 東部方面隊 東部方面総監部(東京都練馬区) 関東地方、甲信越地方、静岡県
  • 中部方面隊 中部方面総監部(兵庫県伊丹市) 甲信越地方、静岡を除く中部地方、近畿地方、中国・四国地方
  • 西部方面隊 西部方面総監部(熊本県熊本市) 九州地方、沖縄県
第12条師団長
  1. 師団の長は、師団長とする。
  2. 師団長は、方面総監の指揮監督を受け、師団の隊務を統括する。
  • 現在9個の師団があります。
  • 師団長は陸将が充てられます。
  • 第1師団 東部方面隊隷下政経中枢師団(東京都練馬区)
  • 第2師団 北部方面隊隷下総合近代化師団(北海道旭川市)
  • 第3師団 中部方面隊隷下即応近代化師団(兵庫県伊丹市)
  • 第4師団 西部方面隊隷下師団(福岡県春日市)
  • 第6師団 東北方面隊隷下師団(山形県東根市)
  • 第7師団 北部方面隊隷下機甲師団(北海道千歳市)
  • 第8師団 西部方面隊隷下師団(熊本県熊本市)
  • 第9師団 東北方面隊隷下師団(青森県青森市)
  • 第10師団 中部方面隊隷下師団(愛知県名古屋市) 
第12条の2旅団長
  1. 旅団の長は、旅団長とする。
  2. 旅団長は、方面総監の指揮監督を受け、旅団の隊務を統括する。
  • 現在6個の旅団があります。
  • 旅団長は陸将補が充てられます。
  • 第5旅団 北部方面隊隷下旅団(北海道帯広市)
  • 第11旅団 北部方面隊隷下総合近代化旅団(北海道札幌市)
  • 第12旅団 東部方面隊隷下総合近代化旅団(群馬県榛東村)
  • 第13旅団 中部方面隊隷下即応近代化旅団(広島県安芸郡)
  • 第14旅団 中部方面隊隷下即応近代化旅団(香川県善通寺市)
  • 第15旅団  西部方面隊隷下旅団(沖縄県那覇市)
第12条の3中央即応集団司令官
  1. 中央即応集団の長は、中央即応集団司令官とする。
  2. 中央即応集団司令官は、防衛大臣の指揮監督を受け、中央即応集団の隊務を統括する。
  • 中央即応集団:JGSDF Central Readiness Force:CRF
  • 防衛大臣直轄の機動運用部隊 朝霞駐屯地(東京都練馬区)です。
  • 司令官には陸将が充てられる。