本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers -ザ・音楽隊-

Military Powers 自衛隊MIDI音源大全集! 

お願い!
  • このMIDI音源の著作権はミリタリーパワーズにあります。
  • 無断転載・無断複写・無断利用等をかたくお断りします。
  • 再生等操作に関しては、各自でご確認ください。

 1 「巡閲の譜」(2.57KB)
  • 観閲官が部隊を巡閲するときに吹奏する曲。ピアノバージョンです。

 2 「栄誉礼」(5.51KB)
  • 高官が敬礼を受けるときに演奏される曲。
  • 現在の栄誉礼は、昭和61年に新しく作られたもの。
  • 通称「栄誉礼」とされているが、正式には「栄誉礼冠譜」と「祖国」と2つの部分に分かれている。
  • 受礼者の階級によって冒頭部分の短いフレーズ(栄誉礼冠譜)を繰り返す回数が変わる。
     例:防衛大臣や国会議員等・大将=4回
       将・中将=3回
       将補・少将=2回
       准将=1回
  • 一般の方が耳にするのは、方面総監や師団長など将に対する3回のものがほとんどだと思われる。
  • 「冠譜4回バージョン・吹奏楽版」です。
  • トイガン(小銃系)をお持ちの方は、捧げ銃(ささげつつ)を練習してみましょう!

 3 「扶桑歌(抜刀隊)」(56.3KB)
  • 行進曲「扶桑歌」。
  • 旧海軍が「軍艦行進曲」を代表曲としていたように、旧陸軍が代表曲としていたもの。
  • 観兵式における分列行進の際に演奏する行進曲として制定されていた。
  • 曲は、明治10年の西南戦役における官軍の決死抜刀隊の働きを歌った抜刀隊という歌詞
    • 吾は官軍我が敵は 天地容れざる朝敵ぞ
      敵の大将たるものは 古今無双の英雄で
      これに従うつわものは…
    • この歌詞に軍歌としてメロディーがつけられ、のちに前半部分を追作したものが行進曲「扶桑歌」となったもの。
    • 一般には「抜刀隊」の名称の方が通りがいいようだ。

 4 「祝典ギャロップ」(89.8KB)
  • 観閲式の車両行進時に吹奏される曲で、雅楽の代表的な曲「越天楽」や旧軍らっぱ譜の「君が代」を取り入れてつくられている。
  • 車両等の観閲行進でよく演奏される曲。

 5 「らっぱ譜」 (自衛隊では『らっぱ』はひらがなで表記されます)
  • らっぱに関しては、たーぼーさんのサイト「Whirlwind for Another Style」へどうぞ。
    元陸上自衛隊らっぱ手だけあってとても詳しい。
  • 駐屯地や基地等において、起床や点呼・食事などの際に吹奏されるらっぱ譜。
  • 陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊それぞれに制定されていますが、陸・空はほぼ同じ。
  • 海上自衛隊については旧軍からのらっぱ譜を引き継いでいるものが多い。
  • 以下の表の項目をクリックすると音が鳴ります。(警報号音は実際の音を出すと警報と誤解されかねませんので音は出ません)

 日課号音の部
 1 起床  2 点呼(日朝・日夕)  3 食事  4 会報
 5 課業開始(状況開始)  6 課業終了(状況終了)  7 消灯  8 気をつけ
 9 休め

 警報号音の部
 1 火災警報  2 非常警報  3 空襲警報  4 化学警報
 5 集まれ

 礼式譜の部
 1 国歌「君が代」(天皇・皇族および国旗に用いる) 
 2 「栄誉礼冠譜」、「祖国」(栄誉礼の際用いる)
 3 巡閲の譜「みくにの盾」(巡閲の際用いる)
 4 送迎の譜(営門出入の際用いる)
 5 葬送の譜「悲しみの譜」(葬儀の際用いる) 
 6 追悼の譜「国の鎮め」(殉職者にささげる譜)
 7 桂冠譜(表彰の際用いる)