本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers -もう一つの国防の姿-

Military Powers 自衛隊 災害救助訓練part3 

 災害派遣 Index
人命救助訓練 Part 1 災害救助訓練 Part 2 災害救助訓練 Part 3 人命救助システム

 災害救助訓練 第3施設団(当時)第12施設群 南恵庭駐屯地 フォトモーション

 平成17年(2005) 第3施設団(当時)第12施設群 南恵庭駐屯地
  • 被災した家を怪しげなトレーラーに設営し、牽引してきたところ。
  • 今回の被災宅は「早川家」。
  • 早川さん?小隊長が早川さんなんだそうです。
  • 日ごろの恨み?(笑)

  • 通りかかった車も被災してしまったという設定。急ブレーキをかけている。
  • 早川宅からは煙が・・・

  • UH-1Jで被災地の偵察を行う。
  • へりから被災宅をのぞいているのがわかるだろうか?
  • 地上偵察員もオートバイで駆けつける。
  • 被災した車の生存者確認を行う。その際、被災者には常に声をかけ励まし続け必死に救出を試みる。
  • 一刻も早い救助が必要と判断し、応援部隊を無線で要請する。

  • 他のオート偵察員は、被災宅で生存者の確認を行う。
  • 下回りも確かめる。

  • 指揮通信車と人命救助システム搭載車が駆けつけた。
  • 今回、テッパチに白1本線は班長を、2本線は小隊長を意味している。

  • 各種器材を積み込んだトラック。

  • 被災者の状態を確かめ、ドアが開かない。(開かない設定のドアがこのとき開いてしまい隊員があわてて戻すというシーンがありました(笑)
  • エンジンカッターとスプレッダ、チェーンソーなどを手渡す。

  • エンジンカッターの用意ができるまで、大きなバリでこじ開けようとするがうまくいかない。
  • エンジンカッターは大変重いアイテムだが、非常に安定した姿勢でうまく使いこなしている。
  • 災害により、橋が壊れた設定となっていたが、81式自走架柱橋(アトラス)が迅速に橋を架けている。

  • 負傷者に対して救急救命および迅速な輸送を行うため、救急車も駆けつけた。
  • 一人は担架、もう一人は救急医療バッグをもって走る。負傷者を担架へ運ぶ。

  • 救助された方の右腕にかなり大きな傷を確認できる。(負傷用ゴム模型を腕にはめている)
  • この負傷模型は骨折などリアル。

  • 車の被災者を救出すると同時に、被災宅に生存者がいないか確認していた。
  • 破壊構造物探索器が活躍する。手元でコントロール可能なフレキシブルなケーブルを中に入れスコープで確認する。

  • 車から救出された負傷者は重体。
  • ヘリを呼び、ウインチで吊り上げる。
  • 鍛えている自衛隊員はまだしも、腹筋・背筋の弱い女性や体重の重い方にはつらそうな姿勢。
  • 心配していたとおり・・・どうしても回転してしまう。

  • 被災宅の救助は、玄関からの進入を遮っている障害物(鉄筋と木材)を取り除かなければならない。
  • 中にいた被災者を救出する。
  • 被災者は、ジャージの中に迷彩Tシャツを着ていた。

  • この被災者は、救急車で輸送することになった。
  • 災害時における人命救助が終わり引き上げる小隊長以下隊員たち。