本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers -もう一つの国防の姿-

Military Powers 自衛隊 災害救助訓練part2 

 災害派遣 Index
人命救助訓練 Part 1 災害救助訓練 Part 2 災害救助訓練 Part 3 人命救助システム

 フォトモーション

 平成13年(2001)第3施設団(当時)第12施設群 岩見沢駐屯地
  • アメリカ合衆国の同時多発テロ事件は、わが日本でも起こりうることとして震撼した。
  • わが国も米軍のデルタフォースのようなテロ対策特殊部隊の準備を急ぐとともに、都市部での災害に対応した人命救助システムを広く国民が理解しなくてはならない。
  • 忘れてはならないのは、真っ先に危険な現場に駆けつけ、我が身を挺してどんな人でも分け隔てなく救助する隊員の姿勢と行動と勇気であり、最大限の理解をしてほしい。
  • 画像は岩見沢駐屯地第12施設群での訓練展示の模様である。
  • 画像はすべてフィルムスキャンです(多少画質が劣ります) 。

  • 災害に巻き込まれた車両。
  • 偵察隊員が駆けつけて・・・。
  • 負傷者・生存者を確認する。
  • 自動車に閉じ込められた負傷者を発見する。
  • 倒壊した家屋に生存者がいないか確認する。
  • 適切な判断のもと、救援部隊を要請。
  • 6救援部隊は素早い展開を見せる。
  • UH-1Hが現場に到着する。
  • 偵察隊員から状況伝達。
  • 内視鏡による倒壊家屋内部の確認。
  • あらゆる角度からくまなく探す。
  • 橋が倒壊し、災害支援車両が通行できないため、81式自走架柱橋を設置する。
  • 災害支援車両が到着したので、被災場所等状況確認と作業内容を指示伝達する。
  • 人命救助を最優先し、ガラスをハンマーで破壊。
  • 金属を切るグラインダーから火花が出ている。
  • 自動車に閉じ込められた負傷者(マネキン)を救出する。
  • 被災者を直ちに救急車で搬送する。
  • 倒壊家屋の中に生存者を確認したため、屋根を切断して救出する。
  • 生存者(ジャージの人)を救出し
  • 作業の障害になる車両を移動するため重レッカが到着。
  • 自力で動かない車両は、吊り上げて除去する。
  • 吊りベルトを車両に取り付ける。
  • 倒壊した家屋から出火した想定で出動した陸自消防車。
  • 荷台に駆け上がり放水用意。
  • 放水により鎮火を確認。
  • 様々な人命救助システムが収納されているシェルター。