本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 自衛隊 -JSDF- Military Powers

Military Powers

店内イメージ

 Military Powersの各コンテンツへお進みください。
 サイト内のすべてのページが完成しているわけではありませんが、自衛隊の装備画像等をご覧になり、自衛隊・・・(陸上自衛隊中心に海上自衛隊、航空自衛隊や海上保安庁等国民の生命・財産・安全を守る組織や人々)がおぼろげながらでもおわかりいただけるとうれしく思います。

 当サイトにお越しいただけたのも何かの縁でしょう。
どうか、彼ら(国防に携わるすべての自衛隊員・自衛官および防衛省関係者、海上保安庁等)のことを正しく理解していただきたく思います。

 この種の話は、どうしても政治的な方に進み、感情論になることが多いですが、私(TOM中佐)はなるべくサラリといきたいと思います・・・、でもやっぱり泥臭い話もしなくてはなりません・・・。
 最後まで読んでいただけたら幸いです。


自衛隊

料理イメージ

 自衛隊がこの世に生まれてから長い間・・・、
世間に白い目で見られても、
罵声を浴びせられても、
汚いシュプレヒコールを受けても・・・、
 自衛隊は「愚直」に・・・
ひたすら「愚直」にそれらに耐え、
それぞれの持ち場でこの「国の繁栄と独立を守る」という、己の任務を遂行してきました。

 怒りたくても怒らないで、怒鳴りたくても怒鳴らないで、
ひたすら「愚直」に任務をこなし、耐えてきました。


自衛官

食材イメージ

 自衛官に「自分の任務よりもつらいことはなにか」と問えば、昔はきっと「世間の風当たりの強さ」とこたえたでしょう。(自衛隊そのものの否定や自衛隊への批判・侮辱等)

 しかし、自衛官は本音を「言えない」のです。

 創隊当時の組織から見れば、現在の自衛隊はずいぶんと世間に認められるようになったものです。

 過去の警察予備隊、保安隊、そして自衛隊と国防組織が成長しつつある当時は、戦後間もない時期でもあり、日本国民のほとんどが「軍事アレルギー症候群」を患っていましたから、自衛隊に対してはそうとう風当たりが強かったのです。

 警察官なら・・・、
 自らの危険を顧みず、地道な捜査を行い、犯人逮捕のために昼夜を問わず市民の安全を確保し、社会生活の秩序を保ち、治安維持を担う頼りがいのある「おまわりさん」として、世間はその働きや貢献度を認め、感謝するでしょう。食材イメージ

 消防士なら・・・、
 自らの危険を顧みず、炎の中に飛び込み、火災から命や財産を守ってくれる頼もしい「ファイヤーマン」としてその勇気とたくましさに賛美を贈るでしょう。


 海上保安官なら・・・、
 自らの危険を顧みず、海難事故や不審船に対して目を光らせ、海上の安全と安心を守る「海猿」としてその活躍に賛辞を贈るでしょう。


 そのほか自らの命をかけて、国民の生命・財産などを守り治安を維持する仕事は、いずれも、国民の信頼と期待を背負っていますから、それだけにやりがいのある仕事であり、自分の仕事に誇りと自信を持って活躍している方も多いでしょう。


自衛隊は・・・?

食材イメージ  自衛隊は・・・?
 自衛官は・・・どうですか?

 自衛隊という存在は、現在では「なくてはならない存在」として誰もが認める組織となりました。
 ※最近では3.11(平成23年3月11日東日本大震災)には未曾有の大震災が発生し、災統合任務部隊指揮官以下派遣部隊諸官10万人以上が肉体的にも精神的にも最悪な環境で被災地域のために奮闘努力してきました。
 
 世の趨勢といえばそれまでですが、自衛隊創隊以来、国防のために地道に任務に邁進してきたすべての先輩自衛官一人ひとりの努力があってこそ得ることのできた国民からの「信頼」だと思います。

食材イメージ 不断の努力と血のにじむような苦労の上の「信頼」であることを忘れてはなりません。

 しかし、創隊以来これほどまでに大義名分のない組織はありません。長い間、国民に存在意義を認められなかった、戦うことの許されない孤独な陸の、海の、空の兵士たちは他にはいません。

 誇りを持てといわれても誇りを持てる実感のなかった彼ら自衛官。

 侵略のためではなく、わが国を守ることでさえ数々の法に阻まれ、侵入する敵を阻止することが容易ではないのです。
 こんなバカげたことがあっていいのでしょうか(※1)。
 ※1について理解しやすいものとして(参考):「宣戦布告」→ウィキペディアこちら

 知っていましたか?
 そういう彼らの存在を・・・。
 わかっていただけますか?
 そういう彼らの存在を・・・。

 戦車を「特車」と、歩兵を「普通科隊員」と、砲兵を「野戦特科隊員」といわなければならなかった時代。
 兵器を「装備」と表現しなければならない状況。陸・海・空すべての戦力を放棄させたマッカーサー憲法ができた時代背景。食材イメージ「自衛隊」という名の軍隊と呼べない国防組織・・・。

 戦車、護衛艦、戦闘機という誰が見ても戦う力(防衛のための力)、すなわち「戦力」を持ちながら、政府見解は自衛のための必要最小限の「実力」であり「戦力」ではないという「コトバのマジック」。

 いったい誰のために、いつまでごまかし続けるのでしょうか?

 いったい誰がこの国を守るのでしょうか?

 いったいこの国は誰の国なのでしょうか?

 いったいこの国は他国に侵略されていいのでしょうか?

 いまこそ国民は大いに考える必要がありましょう。

 しかし、何とかしなければならないと誰もが感じていたはずの・・・、
 現実離れした憲法をそのまま改正せずに見て見ぬふりをして今まで来た「ツケ」は計り知れないほど大きいのも現実です。

 誰がその「ツケ」を払うのでしょう?
 その「ツケ」に気付くためには、国民が「痛い思い」をしなければならないのでしょうか?食材イメージ
 痛い思い」をしなければ気付けない情けない国に成り下がったのでしょうか?

 最近やっと、やっと「集団的自衛権」の公使を容認する閣議決定がなされました。(平成26年(2014)7月1日=自衛隊記念日)
 この決定があまりにも遅すぎたにもかかわらず、多くの善良な国民は長い間、反日サヨクの洗脳を受け続けてきたために「戦争になる」「徴兵になる」などあまりにも突飛なことを鵜呑みにしています。

 ※私自身は日本を守るために大切な人々を守るためには徴兵制度も考えていいと思う。
なぜなら、脱法であろうと違法であろうとドラッグをやり、目先の利益のためなら何でもやるオレオレ詐欺のような思考回路の若者を生み出さない道徳心の高揚、教育再興等、今後の日本を支える人間を育て、鍛え直す場としてはとても有効である。
 そして、祖国防衛のために必死に努力する期間を経て大人になることは、今時の若者には特に必要でもある。
 (一部全共闘世代の日本を堕落させた世代のサヨクたちにも必要だが徴兵しても使い物にならない=銃口をどこに向けるかわからないため割愛せざるを得ない)

 平和ボケした日本人は、わが身の享楽にのみに没頭し、まるで危機感のない状態に焦りすら覚える昨今、北○○の金○○にテ○ドンでも撃たれて被害を受けた方がよっぽど目が覚めるのではないかという荒っぽい意見も聞かれます。

 平和ボケの中で刹那な遊びに興じている一方で、
 いや、「そのくせ」一方で、
 台風、噴火、地震などの自然災害では、当たり前のように自衛隊を出動させ、自衛隊を頼り、自衛隊の装備を使ってその恩恵にあずかっているのです。

 それらが当たり前のようにです。

 もちろん、自衛隊の任務には災害に対しての任務も含まれていますが、これではたして本来の自衛隊の存在価値が認められたのでしょうか?
 その時だけですか?自衛隊の存在意義があるのは・・・。

 もしもあなた自身(サラリーマンの方でも自営業の方でも)が、数々の法律の狭間にいて、自分の仕事や任務が思うようにできない状況を考えてみてください。職業人としての自分の存在や所属する組織が法律的に曖昧な立場にあったら・・・。食材イメージ
 思う存分、仕事ができますか?
 いざというとき、戦わなければならない自衛官は、本気で戦えると思いますか?

 そのような立場にいたら、そんな都合の良い使われ方をする職場に、組織に、仕事に誇りが持てるでしょうか?
 自信が持てるでしょうか?
 信念を持って戦えるでしょうか?
 
 そもそも、守りたい人を守るために戦えますか?
 守りたい人がいるこの国を救えますか?

それに

料理イメージ

 それに、こういうことも考えてみてください。

 演習場や港にまで押しかけて「自衛隊反対!戦争反対!」と叫んでいる、自衛隊にとってはまことにありがたくない偏った考え方を持つ「反戦平和」の人々。

 平気で罵声を浴びせていた彼らにも、手をさしのべるのです。
 救助しているまさにその時に、選り好みをすることははないのです。
 相手がどのような人であろうとも分け隔てなく救うのです。

 この人は以前から反自衛隊だから救わない(災害時にそんなことはわからないでしょうが)、などと考えてはいないのです。
 ただひたすら被災者の救助、安全の確保と救急・救命の任務をこなすこと。それだけを考えています。

 それがどういうことを意味しているかおわかりになりますか?

 赤い旗を振り、自衛隊を侮辱し否定する偏った考えを持ち、この国を護ることを放棄しているような(反日の)人々は、ぜひ災害時には自衛隊のお世話にならないでいただきたい。

 自ら救助を辞退していただきたい。

「自衛隊は私を救わないでください。自衛隊のお世話にならず、自力ですべて対処します」という札(プレート)を首から掲げていただきたい。料理イメージ
 地震・津波、台風、その他の自然災害で被災しても自衛隊の炊き出しやテント、給水、お風呂などの世話にならないでいただきたい。

 ふだんから自衛隊を侮辱し、否定し、蔑む人々が、「万が一の時にはちゃっかり恩恵を受ける」ということに釈然としません。

 あまりにもムシがよすぎますから。


 該当している方は、そこのところ、実際どう思っているのでしょう。
 ぜひ意見を聞いてみたいものです。

 赤いはちまきに赤い旗を振って「自衛隊反対!反戦!平和!」と叫んでいる(叫んでいた/叫ぼうと思っている)・・・「あ・な・た」たちのことです。

 しかし、たとえそのような札が首からさげてあったとしても・・・でも、やっぱり自衛隊はその人を救います。

 ※自衛隊否定論者やサヨクの方々に、考え方を改めてほしいという願い(皮肉も)を込めて表現しています。


絶対反対

料理イメージ

 絶対反対といっている偏った思想を持っている人々は、自衛隊のようにわが身を危険にさらしながらも一般人の命を救おうとする活動ができるでしょうか?

 救わなければならない人を救えるでしょうか?
 万が一という時のために日頃から訓練を重ねているのでしょうか?
 そもそも、自衛隊が存在していなければいったい誰が行っていたのでしょうか?

 妻(夫)や家族、わが子を救うことができますか?
 まして他人を救えますか?
 どこの誰だか全く知らない人を救えますか?

 どんな仕事であっても、自ら選択した職業の任務に邁進する人々に対して、どうして「バカにする」「さげすむ」「忠誠心や誇りを奪う」ような行動や言葉を浴びせることができるのですか?

 「絶対反対!」の立場の人々は、自らの仕事にまじめに精進する自衛官に対して、憎しみを込めて赤い色に染められた旗を振りながらバカにし、蔑み、プライドや忠誠心を傷つけるような言葉を大声で怒鳴っていますよね?
料理イメージ
 「絶対反対!」の立場の人々は、あなた方に敵対する立場の人(自衛官)を救えますか?

 何度も言います。

 自衛隊員は「絶対反対!」の立場のあなた方も救うのです。
 
 彼ら自衛官にも愛する妻や子ども、彼女や両親、家族がいます。
 愛する妻、わが子がいます。
 でも、一番先に救いたい、自分にとって大切な人を、最優先に守ることができないのです。

 そして毎日、その時にそなえ、仲間や他人を救うために訓練に明け暮れているのです。
 それが彼らの任務なのです。それがどういうことかわかっていただけますか?

 何度も言います。

 「絶対反対!」ばかり言っている方にそれができますか?

 それだけの覚悟をもって毎日生活していますか?


平和

料理イメージ

  平和な世になんで自衛隊なの?って思っている方が大勢いらっしゃいます。
 「1192年は?」 「鎌倉幕府」
 と試験歴史は解答できたとしても、わが国の歴史を全く知らないし、学ぼうとしない日本人。

 そもそも平和とは何ですか?
 平和について、じっくり考えたことがありますか?
 非武装が必ず平和になりますか?

 平和は湯水のようにそこにあるのですか?
 誰かが平和にしてくれるのですか? その誰かは誰ですか?
 本当にこの世(この国)が平和だと思っていますか?

 「白」を「黒」というジャイアンやスネオに対して、「話せばわかる」とのんきなことを言って「話してもわからない相手」に通じるのですか?
 わが国は、何度もだまされ、馬鹿にされ、いじめられる「のび太」でいいのですか?
 わが国に都合のいいドラえもんはいないのです。
 いつまでも、のび太でいることなく、賢く、逞しく、自立し成長しなければならないことは明白です。

 犯罪の増加、しかも年々凶悪化と低年齢化が進んでいます。
 殺人事件の増加、しかも親子の殺人は本当によくニュースで目にします。
 見た目のかっこよさや好奇心から深みにはまってしまう大麻などの薬物汚染の高校生、大学生への拡大。
 凶悪犯罪の増加の原因はいろいろあるでしょう。
 経済的な要因、長引く不況もその一因でしょう。
 戦後に生まれた私でさえ、戦後の教育や文化、大人たちの堕落ぶりが目に余ります。

 大人が大人に成熟していない(年齢は大人に達していても精神構造は子どものままという大人)と思うのは私だけでしょうか?


最近は

料理イメージ

 最近は、国内外の外国籍(特に某アジア人)の凶悪犯罪が目に余ります。過去には関東方面の各知事が警察官や入国管理官の増員を緊急要請したりしました。

 この国をアメリカのような犯罪天国にしていいのでしょうか?
 今や治安維持は警察だけでは対応が難しくなってきているのが現状です。

 これからの国防や危機管理の考え方は、今までのように外敵からわが国を守ることだけでなく、内在してしまった外敵(国益を害することをねらいとする人々や各種団体等)からわが国を守るということも必要となってくるでしょう。

 この国がどんどんダメな国になっていくような焦り・・・。
 今後10年後、15年後、どのような国になるのか考えただけでも怖いと思いませんか?

 コンビニの駐車場に座り込んで他人の迷惑も考えず、自分さえよければいいという若者達を見ていると、この若者達が世の中を動かす10年後、15年後は、まともな日本になっているかどうかものすごく不安です。

 他人に迷惑をかけることは、決して流行でもファッションでもかっこいいものでもないのです。
 どうか、公徳心、公共心、マナーやルールを学び、他人を思いやる温かい気持ちを持ってください。

 つらいことをつらいと言わず、苦しくても苦しいと言わない我慢強い、忍耐強い日本人はどこへ行ったのでしょう。

 昭和の初期に、時代の流れの中でもがき苦しみながら戦わざるを得ない状況下におかれて、負ける戦いとわかっていながら、それでもわが祖国を守ろうとして精一杯戦い、負けて学んだ過去の経験をなぜ未来に生かせないのでしょう。

 その戦いで失われた大勢の尊い尊い生命をムダにしないように生きなくては、戦って亡くなった方や戦いに巻き込まれた方々に対して何と申し訳が立ちましょうか。
 この国を守ろうと命をかけた人々に対して、申し訳ないことばかりしていませんか?

 この国の将来を案じて戦死していった多くの御魂は、この現代社会を見て大いに愁嘆することでしょう。

 こんな国にするために命を捧げたのではない・・・と。


文化レベル

料理イメージ

 文化レベルが上がればそれに比例して退廃的な文化も認められてしまうように軟弱になってしまいました。
 アメリカの良いところをまねても悪いところまでまねする必要は全くないのに、節操なくマネばかりしている日本人。
 日本人としての「美徳」がどんどんなくなっていく焦燥感にとらわれてしまいます。


 世の中がどんどんコンビニエンスされても、日本人の心はいつまでも大切にしてほしいと思います。


 鹿威(ししおどし)が鳴っている風景を思い浮かべる日本人は、セミが鳴き、水の流れる音と、時折、竹筒が音を立てるシーンに「静かさ」をイメージします。
 しかしこれは日本人だけが理解できる「わび・さび」の心だそうです。こういう感覚を、あなたは持ち得ていますか?
 西洋人や日本人以外のアジア人は、セミが鳴き、鹿威がカンカン鳴ってウルサイと思い、決して「静か」だとは思わないそうです。
 私たち日本人のそういう精神的な部分・・・、繊細な感受性・・・、世界に誇れる豊かな心があるはずです。

 大切にしませんか?
 私たちは日本国に生きる日本人なのです。

 平成13年(2001年)9月11日は、忘れられない日となりました。
 「平和」という概念や「戦争」というイメージがこれまでのものとは、全く違う次元のものとなりました。どうやら「戦争」は侵略するための手段だった時代は20世紀で終わったようです。
 この時代、他の国を「侵略」することになんの意味があるでしょう。料理イメージ
 ※いまだに自衛隊は他国を侵略するための組織だと信じ込んでいる非常識な人々がいる事実に呆れてしまいます。

 これからは、領土・領空・領海もさることながら、宗教・テロ・ゲリラ・NBC(核兵器・生物兵器・化学兵器)からいかにわが国を守るかということが最大の焦点となります。

 また、軍事衛星や長距離ミサイル、さらにインターネットに代表されるサイバーテロの恐怖からいかに国民を守るかということも大切なことになるでしょう。

 戦い方も、戦う場所も、守るものも全く今までの戦争とは違うものとなります。この場合、現在の警察組織で、事件の解決、および捜査、治安維持が可能なのでしょうか。

 やはり、自衛隊の質を高め、国家のあらゆる危機に関係機関(警察・消防・海上保安庁等)と連携しながら対応して行ける能力を構築していく必要がありましょう。


特定東亜

料理イメージ

 特定東亜のジャイアンやスネオに警戒を怠ってはなりません。
 友好の名の下に、日本の文化を侵害し浸食していきます。

 日本経済が長いこと停滞している今、地方では民度の低いジャイアンたちが大挙して日本に旅行して来るようになりました。

 観光地やホテルの廊下、大浴場、はたまたエレベーターの中でも大声で話し騒ぐ国民性を日本人は受け入れられません。
 おとなしい日本人は、そんな彼らに対して、声に出して注意しないので、彼らには「マナー違反」だということがわからないのでしょう。

 「郷に入っては郷に従え」「謙虚」という概念がない彼らに日本での公衆道徳とマナーを身につけるのは困難でしょう。
 しかし、一方で、そんな彼が落とす経済効果にすがるしかない地方観光地や商店街の現状があります。
 そして金にものをいわせる彼らの傍若無人な土地と土地(水)資源の買いあさり・・・。
 大切な国土を売却せざるを得ない地主や仲介業者もいるのです。

 知らぬ間にわが国の土地のほとんどがジャイアンのものとなったら・・・。ジャイアンという地主は、もう簡単に返してくれないでしょう。そして国政に口を出してくるでしょう。
 一度手に入れた日本の土地を、たとえ売る場合でも法外な価格を突きつけるでしょう。

 日本が内部から外国化(崩壊)していく・・・わが国の将来。

 こんなシミュレーションを考えたくありませんが、現実に土地がジャイアンに売られています。
 みんなが気づいてから慌てても遅いのです。

 日本の政治家は、日本の土地や地下資源(特に水資源)をジャイアンに売らない法律をつくること・・・、まずもってやらなければならないことです。

 日本の法律は対外防衛意識が欠如しているため、憲法同様「丸腰」状態なのです。

 早く法律における対外的防衛力を強化すべきです。

 これは、自衛隊では対処できない新たな「国土防衛」そのものですから、このような法的瑕疵を早急に改めることが必要です。日本国民も、国土防衛の新たな概念を持つことが求められています。


テレビや新聞すなわちマスゴミ

 テレビや新聞すなわちマスゴミ(マスコミ)の書いていることを誰も簡単に信用しなくなってきています。料理イメージ
 無知で偏った思想を持った記者による情報操作に惑わされる時代は終わろうとしています。
 そのようなテレビ局や新聞社は売り上げが落ちたり、提供しているスポンサーに対して直接行動を起こすようにもなりました。

 マスコミの立場を悪用して、情報操作を行い、それに洗脳された人々がどれだけ多いことか。マスコミの功罪は大きいといわざるを得ません。

 しかし、残念ながら、ネットの世界を垣間見ることのできない老若男女は、相変わらず新聞、テレビ・ラジオでしか情報を得られないのです。報道されるがままに洗脳まっしぐらなのです。
 善良な国民は、新聞やテレビ・ラジオが嘘(デマ)をつくはずがないという性善説のまま素直に受け入れています。
 そうやって戦後の長い期間、だまされつづけて自らの思考が大いに脱線していることに気づけないお茶の間の「善良な国民」(プロ市民ではなくごく普通の国民)がいることも事実です。

 事実、私の地元(北海道)某ローカル紙は、国家は「悪」であり、「逆らうことが正義」だと信じ込み、「国家や政府に対して反発・反抗する」こと、特定アジアを「特別におもてなす(わが国にとってどんな嫌なことをしてきても、中韓には決して嫌がることをしてはいけない特別なおもてなし)」こと、「各労働組合、北教組(日教組)・反日勢力を守ること」が盲目的に正しいことだとする極左新聞です。

 当然、左翼偏重記者が書くプロパガンダ記事を鵜呑みにする善良な読者は、自らの正義感を奮い立たせて「読者投稿」するのです。
 その日の投稿すべてがサヨク偏向投稿の場合もあります。ごく希に、本当に希にほのぼのする記事もありますが。とくに中高生がサヨク偏向記事の投稿は効果絶大のようです。
 ※平成26年7月某日の読者の声(タイトルと職業、性別(推定)、年齢 概要のみ)
 「許せない集団的自衛権」 会社員  55才 男 
   →概要:現憲法9条により集団的自衛権そのものが導き出せない。

 「政治の劣化に声上げる」 職業不詳 70才 男
   →概要:昭和初期から太平洋戦争へ突入していったあの時代を思い起こさずにはいられない。

 「戦争の悲劇もう二度と」 農業   81才 女
   →概要:今、自分の子や孫を国のためと海外に送り出すことはできるか。

 「夕張メロン今後も応援」 職業不詳 64才 女
   →概要:夕張生まれの自分はこの時期メロンが気になります。

 しかしながら、現代は新聞、テレビ・ラジオ等マスゴミを味方につけて、安易に反戦平和や反日活動に対して、それはおかしいと違和感を持つ人々が増えてきました。
 これまでのペーパー(机上論)による反論で終わることなく、インターネットを利用した新たなメディアを活用しながら、ありのままを伝えることができるようになりました。

 要は、テレビ・新聞が意図的に伝えない(なかったことにしている)ことをリアルタイムで事実をありのままにネットで伝えることが可能となり、それまでのテレビ・新聞がこんなにも歪曲していた・・・、捏造していた、意図的に情報操作していた・・・等、見てとれるようになったのです。


もう

料理イメージ

 もうだまされていはけません。
 対外的な要因に対してだけが「防衛」ではありません。
 日本国内に内在化してしまっている反日勢力等に対するわが国の防衛を怠ってはいけません。

 日本が、内側から崩壊していくシナリオをつくり、策略を練って、その時を待っているジャイアン・スネオがいることを忘れてはいけません。


Writen by TOM中佐
平成12年記す
平成18年一部改
平成19年一部加筆
平成21年一部修正&加筆
平成24年一部修正&加筆
平成26年一部修正&加筆

Copyright © 2000- Military Powers, Ltc TOM, Japan. All Rights Reserved.